金目の会レクチャー動画


金目の会レクチャー動画



収録動画一覧


第2期(2019年)に開催した金目の会ワークショップでのレクチャーを収録した動画(合計 3時間30分以上)です。


1.クラウド会計の始め方チェックリスト(20分)


事務の効率化には下準備が必要です。どこを分けて、どこを設定するから作業が減るのかを解説しています。

▼本動画のみ、サンプルとして無料でご覧いただけます。




2.納税ダイアリー(26分)


税金って取引先にいわれたら払わないとダメ?
そして突然やってくるもんじゃない?

いえいえ違います。根拠があるものに対して支払いが発生しますし、突然じゃなくてちゃんと支払い月や支払い回数は決まってますよ。






3.日々の経理作業の実際(20分)


何をどこからどういう風に手をつけたらいいか。
実際にやっている人のやり方をコピーしてみましょう!

講師の実際の日次・週次・月次をベースにツールを含めて基本の形を作って、本業に邁進しましょう!






4.資金繰りのリアル(26分)


資金繰り、考えたことありますか?
現実、足元を見ずに遠くを見てお金を使ってばかりだと、当たり前ですが資金がショートします。
どうせ資金を使うなら自分にとって効果的で喜びにつながるものがいいですよね。

今回は資金繰りの仕方、そしてショートしそうな時のための安全対策についてのお話です。






5.経費の最適化のために(16分)


経費についていつか考えよう、考えようと思いながら先送りしている方。
まずは情報を分けましょう。

節約ではないですよ。「最適化」です。
ご自身の事業の科目、一つずつ当てはめて見てくださいね。






6.売上の安定化のために(25分)


売上、ひたすらがんばって、営業してあげるものだと思っていませんか?
正しい努力、無駄な努力、検証するためにも型を作りましょう!






7.インボイス方式って何?(32分)


こちら、近年で一番インパクトある新制度開始の話です!
は~、わからないから後回し……にすると、職種と働き方によっては大ダメージ!

シンプルだけどめんどくさい話なので、メモしながら聞くのがオススメです。






8.節税戦略とチリツモ戦術(19分)


小規模の事業者の経営において、大事なのは実は売上ではありません。利益と現金です。

そしてこれは工夫、つまりライフハックで増やすことが可能!仕組みを使って、大事なものを大事にして生きましょう!






9.ふるさと納税だけじゃない寄附金の話(19分)


2019年は広範囲で災害が多い年でしたね。
気持ちを届けに、寄付を送った方も多いと思います。

節税と寄付といえばふるさと納税が有名ですが、実はそれだけではないですよ!
あなたの税金を届けたいところにピンポイントで届けられる方法もいろいろ。

あなたの優しさを、知識も使って届けましょう!






10.経理の仕組み化のブラッシュアップ(11分)


これまでも各テーマの中で紹介されていた経理の仕組み化の総集編!

めんどくさいことはめんどくさいからめんどくさいのです。仕組み作りは最初だけいろいろ作業があるけど、動き出すと快適!
めんどくさいことから手を離して、楽しいことに注力するためにも、ここの仕組みは作っていきましょう!






価格


さて、気になる「金目の会レクチャー動画」のお値段ですが・・・

まず、金目の会・通常コースの受講料は、年間で88,000円です。

この通常コースの受講料には、

・ワークショップのご受講、
・専用コミュニティへのご参加、
・ご質問への回答

などが含まれていますので、その分だけ割り引きまして、

38,500円

とさせていただきます。


さらに、早期割引価格として、2020年1月31日(金) 23:59:59 までに限り、

29,700円(8,800円オフ)

また、すでに「金目の会」通常コースをご受講いただいた方、または「金目の会」の動画をご購入いただいた方には、

27,500円(11,000円オフ)

にてご提供いたします。


↓以下、「金目の会レクチャー動画」の価格表です。

 価格期限
通常価格38,500円なし
早期
割引価格
29,700円
(8,800円オフ)
2020年1月31日(金)
23:59:59まで
早期&会員優待
割引価格
27,500円
(11,000円オフ)
2020年1月31日(金)
23:59:59まで




お申し込み方法


お支払い方法は、PayPal決済(クレジットカード)または銀行お振り込みとなります。

ご購入いただける場合は、以下にメールアドレスを入力して「確認」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス 【半角英数字】(例)example@example.com


メールアドレスの入力ミスにより商品をお届けできない事例が増えています。
再度のご確認をお願いいたします。




© Cyberlogue Institute, Inc. All Rights Reserved